KOSMISCH - Microservice Architecture Integration

KOSMISCHが目指すもの

マイクロサービスアーキテクチャーを実現するには、
柔軟なスケール、サーバーレスなリソース、全体を連携させるオーケストレーションなど様々な機能が必要です。
これらの機能を提供し、マイクロサービスアーキテクチャーを実現させるための仕組みがKOSMISCHです。
KOSMISCHは“ミクロなハイパースケール”を提供し、
アプリケーションの限界をなくす、アプリケーションの本質を追求する、アプリケーションに携わる全てのひとを幸せにすることを目指し、
クラウドのみならずオンプレミスなど環境に依存することのないサービスです。

マイクロサービスの基盤となる
仮想コンテナクラスター

アプリケーションを小さなサービスとして分割する際に、各サービスを動作するための環境が必要です。KOSMISCH Clusterはその環境を仮想コンテナクラスターとして提供します。クラウドまたはオンプレミス上のホストマシン上に仮想コンテナを配置し、それらをクラスター化したものを構築し提供します。監視、Gitリポジトリ、オーケストレーションなど運用に必要なツールも提供します。マイクロサービスを実現するための全ての環境を構築、運用するサービスです。

KOSMISCH Cluster

KOSMISCH Run

イベントトリガーで
アプリケーションを実行するコントローラー

マイクロサービス化された各サービスはAPIとして公開される場合がほとんどです。KOSMISCH Runはそのようなサーバーレスアプリケーションを実行するためのバックエンドを提供します。APIをプロキシーするゲートウェイ、イベントトリガー管理、実行されるファンクションのホストを提供し、サーバーを持たなくてもイベント駆動型でその場限りのコンテナを実行します。

マイクロサービスアーキテクチャー導入を
支援する仕組み

マイクロサービスアーキテクチャーは複雑で高度な技術力が必要とされています。KOSMISCH Scaleはマイクロサービス化するためのコンサルティングを、KOSMISCH Panelはユーザー自身でマイクロサービスを使ったデータセンターを管理するための管理パネルを提供します。マイクロサービスをよりシンプルに、より簡単にするのがScaleとPanelです。

KOSMISCH Cluster

マイクロデータセンターの実現

クラウド、オンプレミスの垣根を取り払うクロスプラットフォームで実行されるアプリケーションは特別なものではなくなり、
それらの環境を柔軟に組み合わせたグリッドコンピューティングが今後更に増えていきます。
KOSMISCHはマイクロデータセンター化を支援し、アプリケーションの限界を取り払います。

KOSMISCH - マイクロサービスをよりシンプルに、より使いやすく、より身近に。